介護ロボットについて

人で不足も解消!24時間働ける頼もしいやつ

将来もしかしたら、ロボットが介護をしてくれるかもしれないとしたら、なんだかSFだと思うでしょうか。
現実問題として、高齢化社会は加速がつき、どんどんと人材が足りなくなってきています。
そのなかで、人間の労力を肩代わりしたり、補助したりすることができるロボットの存在は重要なポイントになってきているのです。

ロボットを導入するというのは、人間と違い疲労がないというところが重要でしょう。
壊れたりすることもありますが、疲れるという概念がないため、24時間でも対応することができます。

力も装置の作り方次第で、いくらでも出力を上げることができるでしょう。
負担がかかるようなことでも、少ない面積や労力で行うことができるようになるのです。
ロボットは不満もいいませんしね。

ロボットを使う側の人材育成も

どんなことをさせるのかという問題はありますが、日本の技術があればかなり高度な水準で要件を満たせるそうです。
これは福祉用具の問題でもわかってきていますが、かなり便利なものが増えました。

どんなニーズが存在するのかも調査が進んでおり、相談窓口もあるのです。
生産開発の事業者も募集していますので、見てみるとおもしろうでしょう。

当然のことですが、使うのは人間となるため、こちらの人材育成も行われているんだそうです。
私も参加したかったのですが、都合が合わずに行けませんでした。
結構いろいろなところでやっているようなので、また機会があれば行ってみたいと思っています。

話をしたり体操をしたり

介護ロボットというと、なんだか力技に感じるかもしれません。
ですが、そういったものばかりではないのです。

最近話題になったのは、某携帯会社のペッパーを介護の現場に投入した例でしょう。
何かサポートさせるのではなく、話し相手にロボットを使ったのです。

ペッパーは、かなりの言葉を理解していきますし、その情報を蓄積することもできます。
力を使って何かをするわけではありませんが、さまざまなメッセージを出すこともできるでしょう。
今までなかなか心を開けなかった人も、ロボットだと安心できるという人もいるそうなのです。

実際に小型の自立型ロボットを導入し、一緒に体操をしている例もあります。
かなり複雑な動きを見せることができるため、こうしたことも楽しみながらできるようになるのです。

ロボットは人間がどうやって使うのかで大きな違いを生むはずです。
うまく使うことができるようになれば、介護の世界も大きく変わっていくことでしょう。
仕事を奪われないように、私も頑張っていかなければいけませんね。

介護士と海外について

高齢化は世界の問題

介護という問題は、日本だけの問題ではないでしょう。
海外でも高齢化が進み、非常に大きな問題となってきています。

日本もグローバル化が進み、さまざまな国に飛び出していく人も増えました。
逆に日本に来て働きたいと思う人も多いのです。
その中で、介護福祉士の立場も考えていかなければいけない時代といえるでしょう。

日本の介護士が海外で活躍できるのか

介護福祉士は、日本の国家資格です。
この資格を持って、海外で働きたいと思うのも、選択肢としては出てくることでしょう。
私は外語が苦手なので、こうした意識はありませんが、グローバルということではそういった意識も重要だとは思います。

現実的な問題としては、国内雇用を減らしてしまったり、移民問題があったりすることからかなり慎重なんだそうです。
介護の人材はどこでも不足しているのは確かですが、できることならば国内の人間を雇うべきというのもあるでしょう。

国によって違いがあるかもしれませんが、大半の国で日本の介護福祉士を評価しないということも重要です。
そこまでグローバル化した資格ではないことは、有資格者自身もわかっています。

イギリスの介護士と文化の違い

海外にも介護福祉士は多数存在しています。
もちろん名称も異なりますし、資格要件や活動範囲にも違いがあるのです。
似ているといわれているのはイギリスで、老人ホームなどで介護のプロとして活動しています。

ただし、文化の違いからくる相違点がかなりあると聞きました。
介助を行う場合に、補助器具を使うことが法律として決められているのだそうです。
これは、介護者の安全性の問題で、怪我をしてしまったりしないようにするため、法整備されたものですが、日本ではここまで縛られてはいないでしょう。

日本に海外の人を介護士として

海外ということで考えると、日本に海外の人を入れ介護を行ってもらおうという計画もありました。
実際に介護福祉士になられた人もいると聞きましたが、かなりおおくの問題をはらんでいたようです。

日本人の感覚からすると、国外のどんな国の人でも外人さんであり、言葉の通じない人であると思ってしまいます。
性別の垣根の問題も強く出てくるのが日本人ですので、国の違う人に介護してもらうということに強い抵抗を覚えたらしいのです。

実際に介護の世界は人材不足で、それを補おうとする政策は重要でしょう。
それならば、国内需要が高まるようにするべきだという声が上がり、そこまで浸透せず、多くの人材を招かなかったようなのです。

介護という世界は、本当にいろいろな問題を持っています。
いつか人種や国境といったものがなくなるといいとは思いますが、かなり難しい問題でもあるのです。

介護福祉士技術講習会について

常に技術を追求する必要がある

介護の世界は、常に技術を高めていかなければいけません。
これは、介護される側の問題だけではなく、介護する側の問題でもあるのです。
そのため、介護福祉士の資格受験に関しても、年々改革が進められています。

特に大きく変わったのが、介護技術講習でしょう。
筆記試験は同じように行われているのですが、そのあとが実技試験だけではなく、介護技術講習を受講するという選択肢が生まれたのです。

この介護技術講習は、試験の前に受けることもできます。
妖精視閲が実施するわけですが、32時間の講習を受けることで実技試験を免除してもらうことができるのです。
これはかなり大きなことでしょう。

ただし、認定ですので、習得状況も重要ですし、受講態度なども影響します。
受ければいいというレベルのものではないところに意味があるかもしれません。

お金もかかるし誰でも受講できるとは限らない

介護技術講習を受講するためには、結構大変です。
定員があるため、いつでも受けられるものではないというところが、最初のハードルとなるでしょう。

優先順位があるようで、介護福祉士の受験予定者のほうが優位になるらしいのです。
この背景にあるのは、素人が受けて実技試験をパスさせるのではなく、実技能力の基礎を身につけたものを優先するということでしょう。
少しでも高いレベルを目指すというところでは、いいことだと思っています。

受講料は、大体5万円から7万円だそうですが、これは地域によって違いがあるからです。
各県に養成施設はありますので、受けるところを考えてみる必要もあるでしょう。

私は受講してはいませんが

実際の問題として、私は受講していません。
実技試験を受けたほうになります。
そこまでのお金もありませんでしたし、ヘルパーとしての経験もあったため、このコースを選択する意味がありませんでした。

ですが、これから介護福祉士を目指すのであれば、お金はかかりますが確実であることは間違いありません。
もしも実技に落ちてしまった時のロスも考えないで済みます。
内容的にも、結構重要なものが多いらしく、4日間かけてびっちりと行われるそうなので、基礎知識にもなるでしょう。

ケアプラン作成もしなければいけませんし、実技試験と同じようなことも最終日にはするのだそうです。
それだけでも、受講しておく価値があるといえるでしょう。

専門介護福祉士について

給与水準の向上

介護福祉士とどこかに名前が入る資格はいっぱいあります。
ですが、どれも民間資格であるということを知っておかなければいけないでしょう。
この状況を少しでも変えるために、専門介護福祉士という資格を作ろうともしているのです。

キャリアプランの一環として、上位資格の位置づけとしての資格になります。
こういった形を作ることで、給与水準の向上も意識しているのだと思うのです。

分野に特化した介護福祉士に

介護の世界をシンプルにということで始まった改革なのですが、だんだんと複雑化してしまってきました。
国家資格として厚生労働省が考えている専門介護福祉士ですが、認定介護福祉士という民間資格もキャリアプランの一つとして考えているわけです。
ピラミッド型にしていこうと考えているはずなのに、なぜかもうひとつピラミッドができてしまったという感じでしょう。

認定介護福祉士は、介護福祉士の上位にあたるわけですが、専門介護福祉士は、細かに専門性を高めた資格になると考えられます。
たとえば、認知症に特化した介護福祉士ですという形になるのです。
うまく稼働するのであれば、とてもいい資格制度であるといえるでしょう。
ただし、現状ではうまく稼働していないのです。

実際に取得の意味があるのか

専門介護福祉士がうまくいかない理由としては、専門領域を分けることで特化させようとすることに起因します。
確かに勉強もしなければいけませんし、技術も身につけなければ専門性を高めることができないわけですが、それだけ時間をかけなければいけなくなるのです。
さらに、投資も相当なものになり、チャレンジしにくい要素が固まってしまいました。

資格としての評価も高いわけではなく、驚くほど高い負担に対して、高価がないと感じてしまっているのです。
利用価値が高くはない資格に対して、もともと給与水準の高くない状態で余裕が少ない介護福祉士が投資をする意味はないでしょう。

現状のキャリアプランというのは、かなりちぐはぐではないかと感じています。
本当に知識は必要ですし、技術も必要なのですが、シンプルな形にならず、また複雑になってしまっているのも困った話です。

できれば、民間の認定ではなく、国家資格だったら違いがあったでしょう。
本当にそんなことを思ってしまう今日この頃なのです。