専門介護福祉士について

給与水準の向上

介護福祉士とどこかに名前が入る資格はいっぱいあります。
ですが、どれも民間資格であるということを知っておかなければいけないでしょう。
この状況を少しでも変えるために、専門介護福祉士という資格を作ろうともしているのです。

キャリアプランの一環として、上位資格の位置づけとしての資格になります。
こういった形を作ることで、給与水準の向上も意識しているのだと思うのです。

分野に特化した介護福祉士に

介護の世界をシンプルにということで始まった改革なのですが、だんだんと複雑化してしまってきました。
国家資格として厚生労働省が考えている専門介護福祉士ですが、認定介護福祉士という民間資格もキャリアプランの一つとして考えているわけです。
ピラミッド型にしていこうと考えているはずなのに、なぜかもうひとつピラミッドができてしまったという感じでしょう。

認定介護福祉士は、介護福祉士の上位にあたるわけですが、専門介護福祉士は、細かに専門性を高めた資格になると考えられます。
たとえば、認知症に特化した介護福祉士ですという形になるのです。
うまく稼働するのであれば、とてもいい資格制度であるといえるでしょう。
ただし、現状ではうまく稼働していないのです。

実際に取得の意味があるのか

専門介護福祉士がうまくいかない理由としては、専門領域を分けることで特化させようとすることに起因します。
確かに勉強もしなければいけませんし、技術も身につけなければ専門性を高めることができないわけですが、それだけ時間をかけなければいけなくなるのです。
さらに、投資も相当なものになり、チャレンジしにくい要素が固まってしまいました。

資格としての評価も高いわけではなく、驚くほど高い負担に対して、高価がないと感じてしまっているのです。
利用価値が高くはない資格に対して、もともと給与水準の高くない状態で余裕が少ない介護福祉士が投資をする意味はないでしょう。

現状のキャリアプランというのは、かなりちぐはぐではないかと感じています。
本当に知識は必要ですし、技術も必要なのですが、シンプルな形にならず、また複雑になってしまっているのも困った話です。

できれば、民間の認定ではなく、国家資格だったら違いがあったでしょう。
本当にそんなことを思ってしまう今日この頃なのです。

介護士の悩み

給料について

介護福祉士という仕事をしていると、本当にこのままでいいのか悩むこともあります。
まだ独身ですし、仕事として合っているとは思いますが、現状ということを将来に当てはめたとき、転職するべきなのではないかと思うのです。
特に30歳に近づいて来れば来るほど、その思いが出てきてしまうのですから、問題も多いでしょう。

現在の収入を考えると、おそらく大卒一般と比べて、半分程度しかないのかもしれません。
夜勤をしてもその程度の金額ですが、責任というものはとても重いものなのです。
だからといって、給料を上げてほしいと訴えても、それがうまくはいかないことも承知しています。

これで、この老人ホームから私が辞めてしまったら、男性職員の数が減りさらに負担も増えてしまうことでしょう。
そういったことを考えると、とても転職ができないとも思ってしまうのです。

待遇改善と体力的な問題

待遇改善とするのであれば、リーダー的になっていくのか、ケアマネージャーのような資格を取るのかということもあるでしょう。
経験が重要になってくる仕事ですので、うまく生かしていくこともできるかもしれません。
ですが、これとて可能性の一つというだけで、その可能性と確率は驚くほど低いのです。

ケアマネージャーをとったとしても、振る袖がなければ増えるわけがありません。
それが介護の世界の現状だからです。

体力的な問題も、将来は出てくることでしょう。
実際に私の倍近い年齢の方も働いていらっしゃいますが、かなりの負担になってきています。
夜勤もありますので、そこまで考えると、一般の定年近い年齢では厳しいのは当然です。

こういった問題も、転職したらいいのではないか、それもできるだけ早いほうがいいのではないかと悩んでしまうポイントになっています。
できるだけ時間をとり、勉強もしてはいますが、それも本当にいいのか悩んでいてはうまくも行かないものなのです。

人間関係の悩みはつらいもので

悩みといえば、人間関係だって大変です。
介護の職場には、本当に多くの人間がかかわっています。
好き嫌いもありますし、合う合わないもあることは事実でしょう。

うまく乗り越えていきたいと思っていても、対立してしまうことだったあるのです。
プロだからこそ起きることもありますし、なんでこんな幼稚なことをとあきれることだってあります。

介護というストレスが、こういったことを生むこともあるのです。
どんな職場でも起きうることですが、介護の場合には特に多くなってしまう傾向があるでしょう。

悩みは尽きませんが、これもひとつひとつ解決できるようにしていかなければいけませんね。
大変なのは、私たちよりも、介護を受ける側なのですから。

介護士の将来性

活躍の場が広がっている

自分もそうなのですが、将来的に介護福祉士を含めた介護職がどうなっていくのだろうと考えます。
これを考えていない介護福祉士はいないのではないだろうかとも思うのです。
それだけ不安要素が多いともいえるでしょう。

介護福祉士の資格は、実はかなり昔からあるわけです。
それだけ、高齢化社会の予測もされていたわけで、介護のプロとしての資格でスタートしたのです。
介護保険制度ができ、これから先は、この介護福祉士がスタート位置になるという情報もあるでしょう。

つまり、ホームヘルパーの資格が消えて、介護福祉士が最低必要資格になっていくとされているのです。
持っていないと介護職になれず、取得するのには大きなハードルになってしまう可能性が出てきます。
活躍の場は広がっているのですが、将来的な設計を見ると、本当に不安になってしまうのです。

価値の広がる介護福祉士

働く場ということだけを考えるのであれば、私のような老人ホーム以外にも広がっていくことになるでしょう。
介護の施設は当然なのですが、行政関係でも資格が必要になる可能性が出てきますので、地域包括支援センターのような場所にも広がっていくと考えられています。
なぜならば、今よりももっと専門性の高い知識を活用しなければいけなくなってくるからです。

ただし、ちょっと考え方を変えれば、矛盾点もあります。
現状何ら知識もない人が、こういった仕事をしているのだろうかというところでしょう。
こうした社会インフラなのですから、現場での負担は減るはずもないのです。

ですが、資格としての価値向上として、訪問介護事業者には、主任ヘルパーをおかなければいけなくなりました。
この主任ヘルパーは、介護福祉士しかホームヘルパー1級、または介護職員基礎研修の修了者という限定された人しかつけなくなったのです。
確かにこうした試みにより、資格価値は向上していくことでしょう。

資格の価値を上げることと参入のハードル

今後を考えていくと、介護福祉士の資格取得は難しくなっていく一方です。
それは価値を向上させるために重要なことなのですが、ハードルが高くなればなるほど、やってみたいと思う人は減ってしまうことでしょう。

私もそうですが、専門教育を受けて始めたわけではありません。
介護は資格がなくてもできる部分があるのも確かなのですから、そのあたりがどうなるのかが重要なのです。

気が付いたら介護福祉士になりたいという人が、今より少なくならないようになるといいなと思います。
その可能性も結構あると感じるからです。

介護士業界の話

いろいろなキャリアの人がいる

介護福祉士というと、なんだか難しそうだと思う人がたくさんいます。
どんな人がなっているのかも、よく分からない資格でしょう。
私自身もそうでした。

介護福祉士という資格があること自体も知りませんでしたし、受験資格が必要だなんてことも、後から知ったことです。
業界として認知が薄いこともありますが、社会から見たら全く認知されていなかったりするのは、大きな問題になっていると思います。

実際に私を含め、とても多くの介護福祉士がいます。
キャリアということを考えても、いろいろな業界から入ってきていますので、新卒で介護福祉士になる人はかなり少数なのです。
特に受験方法が変わってしまいましたので、今後はもっと変化していくと思っています。

現場に出てしまえば一人のプロ

実際に介護福祉士になってみて、経験ということがとても重要であるということがわかりました。
経験がないからできないということではなく、判断できる要素が経験によって変わってくるのです。

私はそうした経験もなく、さっぱりわからなかった状態を、ホームヘルパー2級という形で補うことができました。
これもきっかけを与えてくれた人が、知識として持っていたため、私はそれに乗っかっただけのことなのです。
それでも大きな違いがあると知ったのは、仕事を始めてからでした。

介護の現場に出てみると、新人だからといって判別をしてくれるわけではありません。
老人ホームで働いていれば、すべての人がプロだと思うのです。
介護だけのことではありませんが、新人ですと初心者マークを張ったところで、プロとして見られているということが重要になってくるでしょう。

働いてきてよかったと思っています

介護業界としては、新人さんはとても重要です。
ですが、ほとんどの人は、知識と現場のギャップに苦しみ辞めてしまう方も多かったりします。
介護ということの自信を無くしてしまうこともあるでしょう。

気持ちを切り替えていかなければいけないこともたくさんありますが、そんな辛さを補うほどのいいことも待っています。
業界として難しいことではありますが、少なくても私は働いてきてよかったと思っているのです。